*

自宅で簡単にできる名刺の作り方

自宅で簡単にできる名刺の作り方

自宅で簡単にできる名刺の作り方をチェック!

自宅で簡単に行える名刺の作り方を教えて欲しいという方はいらっしゃいます。

サラリーマンであれば会社で専用のフォーマットの名刺を用意してくれるかもしれませんが、フリーランスや個人事業主の方は自分で用意する必要があります。

それに、プライベート用の名刺を作成する場合も誰かの手助けを借りることはできないため、自分で作成しなければならないのです。

そこで、自宅で簡単に行える名刺の作り方を把握する前に、作成するためには何が必要なのかきちんと心得ておかなければなりません。

以下では、どのような方法やツールを使って自宅で名刺を作成できるのかまとめてみました。

専門の名刺作成サービスで注文する

自宅での名刺の作り方で最も簡単な方法は専門の名刺作成サービスへの依頼です。

パソコンやスマートフォンを使って注文できますし、何よりも自分で無料ツールを使って作成したり用紙を購入したりという手間がありません。

①数多くの名刺作成サービスの中から一つを選択する
②自分や会社のイメージに合わせてデザインテンプレートを決める
③名前や会社名、連絡先やプロフィールなどの情報を載せる
④プレビュー画面で名刺全体が問題ないかどうか確認する
⑤数量を決めてクレジットカード決済や銀行振込など支払い方法を選択する
⑥印刷された名刺が自宅へと納品されるのを待つ

このように簡単な流れで注文でき、既存のデザインテンプレートを選ぶのではなく自分で作成したデータを入稿して印刷だけ依頼することも可能です。

どのサービスも格安の料金で名刺の作成と印刷が可能なので、ビジネスやプライベートで使う名刺を作ってみてはいかがでしょうか。

名刺作成サービスで人気を得ているのはVistaprint(ビスタプリント)

名刺作成サービスで人気を得ているのはVistaprint(ビスタプリント)

名刺作成サービスの中でもVistaprint(ビスタプリント)を利用している方が多く、人気を得ている理由を以下では幾つか挙げてみました。

  • 100枚の名刺が880円と格安の料金で作成できる
  • デザインテンプレートの種類が6,000以上と豊富
  • 両面名刺や文字DECO名刺などのオプション選択が可能
  • 3種類の中から好みに合わせて用紙の厚さを選択できる
  • オンライン上で自由にサイズやフォントを決めて作成できる

上記のような特徴がVistaprint(ビスタプリント)にはあり、全世界に利用している方がいる大手のサービスです。

名刺以外にもマーケティング製品やアパレル関係のグッズも購入でき、国内工場が設立されてから1周年が経ちました。

  • ツールやプリンタを使う名刺の作り方が分からない
  • 面倒な手間をかけずに数百枚の名刺が欲しい
  • 色鮮やかで高品質な名刺を使いたい

このような方におすすめできる会社なので、Vistaprint(ビスタプリント)で名刺を注文してみてください。

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

パソコンやプリンタを用意する

専門のサービスへと依頼するのではなく、自宅で名刺を作るにはパソコンとプリンタを用意しなければなりません。

現在では名刺作成専用のアプリケーションが登場していてiPhoneやAndroidといったスマホで利用できるものの、パソコンを使った方スムーズに作成できます。

パソコンの種類による制限は特になく、WindowsでもMacでも使用可能です。

また、プリンタに関しては以下のように複数の種類があり、これから購入を考えているのならばどれが用途に合っているのか考えましょう。

  • インクジェットプリンタ:本体価格が安くて色の再現性が高い
  • レーザープリンタ:印刷速度が速いので大量印刷に適している
  • 熱転写プリンタ:インクを溶かして紙に印刷するので再現性が高い
  • 感熱式プリンタ:専用紙があればインクなどの消耗品が必要ない
  • ドットインパクトプリンタ:高価なので一般的な利用は少ない

これらの中でも自宅で使用するのが目的ならば、インクジェットプリンタやレーザープリンタをおすすめします。

どちらも名刺の作り方として適していますが、コスパを考慮するのならばインクジェットプリンタの方が良いかもしれません。

Word(ワード)やIllustrator(イラストレーター)などのソフトを用意する

パソコンとプリンタを用意したら、次にどのようなソフトを使って名刺を作成するのか考えます。

オーソドックスなソフトとしてはWord(ワード)やIllustrator(イラストレーター)が挙げられ、どちらも名刺用のテンプレートが用意されているので便利です。

  • Word(ワード):Windowsの中に元々入っているので無料
  • Illustrator(イラストレーター):Adobe(アドビ)の有償ソフトなので費用がかかる

ソフトを使う際のコストが大きく異なり、「シンプルな名刺で良い」という人にはWord(ワード)、「デザインに拘りたい」という人にはIllustrator(イラストレーター)が適しています。

無料ソフトのラベル屋さんの利用も選択肢の一つ

エーワンから提供されている無料ソフトのラベル屋さんを利用するのも選択肢の一つです。

名刺やラベル、ステッカーや転写シールを作成できるソフトで、豊富なデザインテンプレートを全て無料で使うことができます。

  • 細かいテクニックを把握できる「詳細マニュアル」
  • 差し込み印刷の方法が解説されている「かんたんマニュアル」
  • 動画で名刺の作り方が分かる「動画マニュアル」
  • ちょっとした工夫について書かれた「使い方ミニ講座」

このようなサポートが公式ホームページでは行われており、ラベル屋さんでの名刺の作り方というページでも記載しているのでチェックしてみてください。

用紙と電動名刺カッターを用意する

上記のソフトを使って名刺のデータを作成したら、用紙と電動名刺カッターを用意します。

名刺の作成において用紙の選び方は想像以上に重要で、紙質や色合いは異なるのでどれを選択するかによって相手へと与える印象が変わるのです。

模写に使うトレーシングペーパーやプラスチック素材の透明フィルムといった用紙で名刺を作るには、専門のサービスへと依頼するしかありません。

しかし、以下のような用紙ならばA-one(エーワン)やコクヨといった会社から販売されています。

  • 名刺の作成で使用するオーソドックスな上質紙
  • ツヤ消しで落ち着いた印象のマットコート紙
  • 滲みにくく写真印刷に適した光沢紙

上記の用紙へとプリントアウトし、電動名刺カッターを使ってカットすれば完了です。

ハサミと定規を使ってカットすると大きさを統一できなかったり縁がガタガタになったりと失敗しやすく、CUTe(キュート)やSWIFTなどの電動名刺カッターの購入が適しています。

クリアカットタイプの用紙を購入するのも選択肢の一つ

電動名刺カッターは数万円という料金がかかるのでコストパフォーマンスは良くありません。

そこで、自宅で名刺を作るのならばクリアカットタイプの用紙を購入するのも選択肢の一つです。

擬似接着されている周辺部位を剥がすだけで簡単にカットでき、ミシン目が入らないので仕上がりが綺麗になります。

折りたたんで切り離すマイクロミシンカットもおすすめで、どの用紙を使うのが良いのか考えてみましょう。

まとめ

このページでは様々な名刺の作り方について説明しました。

自分でオリジナルの名刺を作成したり、専門のサービスへと印刷を依頼したりと方法は様々です。

ビジネスシーンだけではなく、現在ではプライベートや就職活動でも名刺が積極的に使われる時代となりました。

日常生活の中で役立つ場面も少なからずあるので、サラリーマンも会社から支給される名刺とは区別した個人用の名刺を作成してみてください。


公開日:
最終更新日:2016/08/01

ジャニーズの名刺の作り方

ジャニーズの名刺の作り方は? 近年では趣味やプライベートで名刺を作成す...

名刺の原稿の作り方

通販印刷は2種類の方法に大きく分けられる 近年では実店舗へと足を運ぶの...

100円ショップによる名刺の作り方

100円ショップによる名刺の作り方をチェック! 100円ショップによる...

折り紙を使った名刺入れの作り方

折り紙を使った名刺入れの作り方をチェック! ビジネスで使用する名刺は財...

初心者向けの名刺の作り方

初心者向けの名刺の作り方をチェック! 今まで画像編集ソフトを使ったこと...

点字名刺の作り方

点字名刺を作るメリットは? 点字名刺とは、その名の通り目が見えない方の...

エンジニアの名刺の作り方

エンジニアの名刺の作り方をチェック! エンジニアと聞くと誰とも会わずに...

ラベルマイティによる名刺の作り方

ラベルマイティとはどんなソフト? ラベルマイティとは様々な種類のラベル...

企業名刺の作り方

企業名刺の作り方で押さえておきたいポイント このページでは、企業名刺の...

メッセージを入れた名刺の作成

メッセージを入れた名刺を作成しよう 名刺を作成するに当たって、デザイン...

PAGE TOP ↑